NikkenkyoNews Vol.76 国土交通省地方整備局提言活動 ⑧ 北陸地方整備局

2017年度NEWS 作業所の週休2日 提言活動

2018年6月4日(月) 北陸地方整備局

 

日建協では国土交通省に対し、「日建協2017年度政策提言 ~ 作業所での週休二日の実現にむけて ~」 と題した提言書を用いて、今年度の提言活動を行っています。今号では提言活動の報告と、北陸地方整備局での特色ある取り組みについて紹介します。

 

北陸地整では、工事書類簡素化にむけたワーキンググループをH28年度に立ち上げ、協議書類削減にむけ作業所実態調査を進めるとともに、受発注者間の協議のあり方についても検討を進めています。地整内でこの取り組みを受発注者間で共有するため、監督職員や検査官に対しても説明会等で引き続き周知していくとのことです。協議にかかる工事書類の作成が作業所の負担となっているとの声は日建協の作業所アンケートでもあがっており、この取り組みが現場における時短に繋がることを期待します。

また、北陸地整では「建設現場における週休2日の取り組みモデル工事」においても、発注者指定方式でも工程の共有を進めるなど、作業所閉所を受発注者でめざす取り組みを行っています。詳しくは http://www.hrr.mlit.go.jp/gijyutu/index.html をご覧ください。

 

全国の地方整備局のなかでも、独自の施策を打ち出している北陸地整の動きを日建協として今後も注視し、組合員からの評価が高い取り組みについては、各地整に実施を働きかける活動を行っていきたいと思います。(大森)