NikkenkyoNews Vol.23 東京都市大学 世田谷キャンパスで出前講座を開催!

2019年度NEWS 出前講座

於 : 東京都市大学 世田谷キャンパス

日 時 : 2019年11月5日(火)15:15~17:05

参加者 : 工学部建築学科 3年生49名

講 演 :   「建設業の働き方改革 (日建連の取り組み)」 日建連 永山広報部長

「ゼネコンとは~ゼネコンの仕事とその魅力~」

  東洋建設職員労働組合 原晃一講師

 

東洋職労組 原講師

2019年度の第5回目の日建協出前講座を、東京都市大学世田谷キャンパスで工学部建築学科の学生49名を対象に実施しました。

はじめに日建連 永山広報部長より 「建設業の働き方改革」 と 「日建連の取り組み」 について、次に原講師より 「ゼネコンとは ~ゼネコンの仕事とその魅力~」 と題して講演いただきました。

 

原講師の講義では、建設業の職種、ゼネコンや作業所の組織、また、近年、各社で取り入れられているBIMについて実際の画面を示しながら説明しました。その後、施工管理の目的や仕事について、自身の経験や一日のサイクル表を用いて、学生にわかりやすく説明しました。

講座終了後のアンケートでは 「建設業に携わりたいという思いが強くなった」 「もともと興味があったので、今回の講座で知識を深めることができて良かった」 「一日のサイクルで、自分が就職した後のイメージができた」 などの感想がありました。

 

会場の様子

 

出前講座は、加盟組合員であれば見学することができます。希望される方は所属組合執行部、もしくは日建協までご連絡ください。

日建協は今後も、出前講座をつうじて未来の建設産業を担う大学生に対し、ものづくりの魅力や社会的役割を伝えていきます。(髙島)