NikkenkyoNews Vol.27 厚生労働省と意見交換会を実施

2019年度NEWS 提言活動 時短・働き方改革・WLB

日 時 : 2019年10月15日(火) 16:30~17:30

参加者   厚生労働省  :  労使関係担当参事官室 志村参事官、田沼室長補佐、森本氏

労働条件政策課 南雲係長

建設・港湾対策室 中田室長補佐

日建協 : 鈴木議長、大槻副議長、大森副議長、中野局次長、髙島

 

意見交換会の様子

日建協からの申し入れにより、厚生労働省と初めて意見交換会が実現しました。

はじめに、日建協から建設産業の長時間労働の実態や政策提言について説明し、続いて、厚生労働省からは長時間労働の改善にむけた他産別の取り組みの事例や、建設業における安全対策、人材確保のための建設事業主に対する助成金について説明をいただきました。

また、長時間労働の改善について、トラック業界が法律の一部を改正させ、荷主の配慮義務を設けた事例を紹介していただきました。

厚生労働省の出席者からは 「建設業の現状を聞き、5年後の上限規制適用にむけての厳しい現実を改めて痛感した。国交省をはじめとした関係省庁と連携し、建設産業の働き方改革に取り組んでいきたい」 との感想をいただきました。

 

日建協は、働き方改革実現のために、厚生労働省と引き続き意見交換を行っていきます。

(髙島)