NikkenkyoNews Vol.42 ものつくり大学で出前講座を開催 !

2019年度NEWS 出前講座

日時 : 2020年1月22日(水) 11:00~12:30

於 : ものつくり大学

参加者 : 技能工芸学部建設学科 2年生 154名

講演 : 「出前講座~建設業とは~」 フジタ職員組合 染谷雪乃講師

「日建連の働き方改革への取り組み」 日建協 関谷

「昨年の出前講座アンケート結果他について」 日建協 関谷

 

2019年度最後の出前講座を、ものつくり大学で建設学科2年生154名を対象に実施しました。

はじめに日建協から、建設産業の働き方改革に関する日建連の取り組みと昨年の出前講座アンケートの結果などについて説明しました。

フジタ職組 染谷講師

講義では染谷講師から、ご自身が今までに担当した工事の写真を用いた自己紹介の後、ゼネコンの役割や建設業界の総括的な内容と 「若手職員 (入社4年目) のリアルな1日」 について説明しました。

染谷講師と 「若手職員のリアルな1日」 に登場した方は、二人とも同大学の卒業生であったため、参加した学生たちには、自分達のOB・OGの実体験として身近に感じてもらえたと思います。

ものつくり大学の出前講座では、海外留学生が何人もいました。留学生にも、日本のゼネコンに興味を持ってもらえたと思います。

 

講座終了後のアンケートでは 「ゼネコンについて詳しく知ることができたので就職先の選択肢が広がった」 「ゼネコンの仕事は女性でもやりがいを感じられるということがわかった」 「女性目線での話が聞けたのでとても参考になった」 など、さまざまな感想がありました。

 

2019年度の出前講座は今回のものつくり大学で終了となりますが、来年度も各大学にご協力いただき、建設産業の魅力を発信していきます。(関谷)

 

講義の様子