NikkenkyoNews Vol.22 大学生に建設産業の魅力を伝えよう・・・北海道大学で出前講座①

2012年度NEWS 出前講座 産業の魅力化

講師の伊吹さん(鉄建職組)

於:北海道大学 工学部

2012年11月9日(金)13:00~14:30

出席:3年生、37名

 

2012年度の日建協出前講座は北海道大学からスタートです。鉄建職組の伊吹真一さんが講師として、作業所での施工管理を中心にゼネコンが行う研究開発まで幅広い働き方を紹介しました。自身の経験や現場での苦労話を踏まえ「ものづくりの達成感を味わえるのが

講義に聞きいる生徒たち

最大の魅力」と学生に産業の魅力を伝えました。

学生からは「仕事の内容を知ることができ、ゼネコンに興味が湧いた」「イメージが変わり、かっこいい仕事だと思った」「達成感を得られる仕事だと思った。今後の進路選択に役立てたい」といった声をいただきました。

今後も北海道大学・法政大学・名古屋工業大学で順次、開催していきます。

アンケートを記入

 

日建協出前講座とは・・・

日建協では、建設産業の将来を担う大学生に対し、建設産業で働く魅力を伝えています。講座は2部 構成となっており、前半では日建協が建設産業の社会的役割やその重要性を説明し、後半では加盟組合から講師を招き、作業所におけるゼネコン職員の働き方について説明しています。