NikkenkyoNews Vol.38 「建設のしごと」を子どもたちへ・・・科学ライブショー「ユニバース」に出演

2012年度NEWS 産業の魅力化

於:科学技術館(皇居 北の丸公園)

2013年2月16日(土)

14:00~14:40、15:30~16:10

 

日建協は科学ライブショー「ユニバース」のゲストコーナーに出演しました。

たくさんの子どもたちやその家族に「くらしを支える建設のしごと」と題し、暮らしを支えるインフラの重要性と自然災害などから命を守る建設のしごとを伝えました。

ショーの中では、衛星写真で上空から見た建造物を当てるクイズを行い、満員となった会場は子どもたちの声が飛び交うなど、公演は大盛況となりました。子どもたちは、建設産業の役割を身近に感じてもらえたのではないでしょうか。

また、当日は日建連主催「けんせつフェスタ2013」も開催されており、多くの来場者で賑わっていました。来場した多くの家族連れにとって「建設のしごと」に触れることができた1日になったと思います。

 

科学ライブショー「ユニバース」

財団法人日本科学技術振興財団が運営する科学技術館で最新の科学の話題を紹介するショーで、毎週土曜日に開催しています。

日建協は、2007年よりにゲストとして出演し、社会資本整備の重要性と建設産業の社会的役割を、子どもたちとその家族に伝えています。