NikkenkyoNews Vol.25 アサヌマユニオンで勉強会を実施

2013年度NEWS 加盟組合行事・訪問 日建協勉強会

熱心に説明を聞くアサヌマユニオンの皆さん

於:淺沼組九州支店会議室

日 時:2013年12月14日(土)

参加者:20名

 

日建協では、アサヌマユニオンで開催された2013年度西日本支部合同勉強会のカリキュラムの中で時間をいただき、日建協勉強会を実施しました。

 

始めに日建協活動の概要の説明と日建協ヒストリーのDVDを上映し、その後『組合とは』と題して講義を行いました。講義では「組合」という言葉の定義からの組合活動に参加することへの考え方、「はたらく」という観点からの組合の存在意義、そして「安心して働き続けられる職場の実現」をめざす組合活動の本質について話をしました。また、「組合員の組合離れ」の現状と対策例や、組合があることのメリットなどについても説明しました。

 

その後『これからの組合活動について』をテーマとしたディスカッションに参加させていただき、「若手の離職については、同世代が交流する場を増やすなど、組合としての対策が必要。」「OJTと技術の伝承については、もう少し世代の近い先輩が同じ職場にいるとコミュニケーションがとりやすい。」など、活発な議論を行いました。また、「現在の職場で問題となっていること」について意見交換を行うなど、日建協執行部としてもたいへん有意義な場となりました。

 

日建協では、今後も加盟組合のニーズに合わせて各種勉強会を実施していきます。ぜひ、日建協勉強会の活用をご検討ください。