NikkenkyoNews Vol.20 北海道大学で出前講座を開催!

2014年度NEWS 出前講座

於:北海道大学

2014年10月31日(金)14:45~16:15

参加者 :北海道大学 工学部 環境社会工学科 3年生 41名(横田教授)

講 演  :   「建設産業の社会的役割」日建協

「ゼネコンの仕事」三井住友建設社員組合 桑野昌晴さん

「建設業界の現況と今後の展望」日建連

 

会場の様子

会場の様子

日建協では土木建築を学ぶ学生たちにゼネコンの仕事を正しく知ってもらいたいとの思いから出前講座を開催しています。今回は北海道大学環境社会工学科の3年生を対象に出前講座を開催しました。

三井住友建設社員組合の桑野さんからは、会社組織や施工管理業務、現場に乗り込んで橋が出来るまでなどについて説明をしていただきまし

講師の桑野さん

講師の桑野さん

た。

受講した学生からは「設計や現場などで実際に働いている方の生の話を聞けたのは貴重だった」「建設産業の将来の話を聞いてわくわくした」「ゼネコンの仕事の具体的な話を聞けてよかった」「自分もゼネコンで働きたいと思った」等の意欲的な声をいただきました。

桑野さんの現場体験談に耳を傾ける様子からは、北の大地で学ぶ学生たちの、建設産業をもっと深く知りたいという熱意が感じられました。

 

日建協はこれからも出前講座を通じ学生たちに建設産業の魅力や実態を伝えていきます。