NikkenkyoNews Vol.23 東洋大学で出前講座を開催!

2014年度NEWS 出前講座

於:東洋大学 川越キャンパス2号館

2014年11月14日(月) 9:00~10:30(1年生)

10:40~12:10(2年生)

参加者:東洋大学 理工学部 建築学科        1年生 131名(浦江教授)

2年生  51名(浦江教授)

講 演 :   「建設産業とその魅力」日建協

「ゼネコンの仕事」馬淵建設職員組合 秋元清太郎さん

「建設業界の現況と今後の展望」日建連

 

会場の様子

会場の様子

日建協では土木建築を学ぶ学生たちにゼネコンの仕事を正しく知ってもらいたいとの思いから出前講座を開催しています。今回は東洋大学理工学部建築学科の1・2年生を対象に開催しました。

馬淵建設職員組合の秋元さんからは、自分の経験に基づきゼネコンではどのようなことが出来るか、ゼネコ

講師の秋元さん

講師の秋元さん

ン設計の特徴や設計施工の仕組み、自身が携わった案件について分かりやすく説明をしていただきました。

 

受講した学生からは「ゼネコンの施工部門は他部門との関わりが深いので色々な経験ができると思う」「ゼネコンの設計部門は一般の設計事務所と比べて自由度が低いと思っていたがそうではないことがわかった」「設計が現場と近いというところに興味がわいた」「建物に1から10まで携わることができるのはとてもいいと思う」「女性に対しての対応も考え始めてくれていることがうれしい」等の新たな発見があったという声を多くいただきました。

学生たちは、30代前半と比較的年齢層が近い秋元さんの語る設計施工の魅力を聞き、これまで知らなかったゼネコンの魅力について再認識できたものと思います。

 

今回の東洋大学で、今年度の出前講座は終了となります。

ご協力いただきました皆様に、改めて感謝申し上げます。