NikkenkyoNewsVol.50 日本建築家協会との意見交換会

2014年度NEWS 提言活動 民間工事 4週8休

於:日本建築家協会会議室
2015年5月27日(水)14:30~15:40

 

日建協ではプロジェクト全体期間の適正化には設計界との対話が重要と考え、設計者団体に対し提言を実施しています。今回は提言書 「作業所における4週8休の実現にむけて ~誰もが働きたいと思える建設産業をめざして~」を用いて、建築家の登録団体である(公社)日本建築家協会と意見交換を行いました。
提言書は こちらをクリックしてください。

日建協(写真左)と日本建築家協会(写真右)

日建協(写真左)と日本建築家協会(写真右)

日本建築家協会からは、
「設計者自身が適正な設計期間と適正な設計報酬を明確に要求しなければならない」
「設計者と施工者には壁がある。本当は両者が協力していけば良いこともあるのだが、現実にはまだ厳しい」
「設計界には労働組合がそもそも少ないため、働くもののことを考える意見が出て来ない。また『設計は金のためにやるものではない』という精神論が未だまかり通っているのも事実である」
などのご意見をいただきました。

日建協では、今後も設計者団体と積極的に意見交換を行ってまいります。

 


 

提言の概要については以下のとおりです。

 

 1.民間発注者との理念共有(改正担い手三法)
 2.プロジェクト全体期間の適正化

・日建協の考える適正な工事工程(日建協標準工期)
・工事工程の算出方法(設計施工分離方式の場合)
・着工準備期間(余裕工期)の確保(設計施工分離方式の場合)
・「管理工程表」の活用による進捗管理の共有と適切な工程延伸
・発注時期、納期、施工時期の平準化

3.4週8休現場の推進による作業所の労働環境改善

・4週8休モデル現場の積極的な展開への理解
・統一土曜閉所運動への理解協力

4.施工円滑化にむけた施策理念の共有
 5.下流工程への負荷を軽減する建設生産システムの普及促進

・フロントローディング型の実施設計の推進
・フロントローディングで活躍できる人材の量的確保と育成強化

6.産官学連携の建設産業PRでの中長期的な人材確保

・こどもたちにむけた建設産業のPR
・広報コンテンツの提供
・国民的イベント及び観光業との連携強化
・地域社会へのPR

7.技能労働者の処遇改善による作業所の労働環境改善

・賃金向上と社会保険加入促進
・雇用形態の明確化
・労務需給のマッチングを実現する人材派遣システム

 

【1.民間発注者との理念共有(改正担い手三法)】では、改正担い手三法の理念を建設産業全体へ確実に浸透させるためには、民間発注者との理念共有が不可欠であることを訴えました。

 

【2.プロジェクト全体工期の適正化】では、企画、調査、設計、施工の各段階において適正な期間を確保するよう求めています。実現にむけては、管理工程表の活用による四者(発注者、設計者、監理者、施工者)の情報共有化、余裕工期での発注、発注時期・納期・施工時期の平準化が必要であるとしています。

 

【3.4週8休現場の推進による作業所の労働環境改善】では、民間工事においても東京五輪関連など特に社会的注目度の高いプロジェクトを4週8休モデル現場として選定していただくよう求めました。また、統一土曜閉所運動を建設産業全体の取り組みとして広げるため、更なる理解協力を求めました。

 

【4.施工円滑化にむけた施策理念の共有】では、国土交通省の示す様々な施策によって円滑に事業が進むことは発注者を含め事業に携わるもの全ての切実なる願いであり、民間事業においてもその施策理念を共有して施工円滑化を進めることが重要であることを訴えました。

 

【5.下流工程への負荷を軽減する建設生産システムの普及促進】では、後工程にしわ寄せがいく現行の生産システムに対し、四者が協力体制を築き、上流工程で諸課題を解決していけるような事業の特性に応じた建設生産システムの構築と、その普及促進を求めました。

 

【6.産官学連携の建設産業PRでの中長期的な人材確保】では、次世代を担うこどもたちに建設産業の社会的役割を伝える機会を創出するための建設産業のPRや、完成CGコンテンツの提供、東京五輪などを通じた建設産業のイメージアップ、地域社会への社会的役割PRの協力などを求めました。

 

【7.技能労働者の処遇改善】では、技能の見える化(技能に見合った賃金、社会保険加入、就労履歴管理、雇用形態の明確化など)を産業全体で強く推し進めていくことが作業所の4週8休の実現、産業の魅力向上に繋がるとして、技能労働者の処遇改善を求めました。