まだまだあるぞ! アイデア発想法 ①

ちょっとひといき

14-1
「いろいろなアイデア発想法 ~視点を変えてみよう!~」 で紹介したアイデア発想法。他にもまだまだあります。4回に分け、いくつかの手法をご紹介していきます。
アレックス・F・オズボーンは多くのアイデア発想手法をパターン化しました。現在では、そのパターンはこの9つに集約されており、この9つをヒントに考えていくことで、新しいアイデアが生まれやすくなるといわれています。皆さんも新しいアイデアを考える時には、これらの項目をチェックリスト化して考えてみませんか?

① 応  用 —– 他のアイデアの応用

14-3ディーゼルエンジンはライターの着火の仕組みを応用して発明された。

 

② 転  用 —– 他への使い道を考える

14-4調理に使える耐熱ガラスの容器は、ガラス製の鉄道用ランタンを開発している際に、「このガラスで調理用の容器を作れるのではないか」という発想から生まれた。

③ 変  更 —– 変えてみる

14-5牛乳やワインなどの低温殺菌は、殺菌の温度設定を変えることで本来の風味やアルコール成分を保持している。

 

④ 拡  大 —– 大きくしてみる

14-6お徳用サイズ、業務用サイズなどにするとコストを削減することができる。

 

⑤ 縮  小 —– 小さくしてみる

14-7携帯電話や家電製品など、多くの製品は小さくすることで

利便性を向上させている。

 

⑥ 代  用 —– 他の物で代用する

14-8精進料理では動物性の食材を使うことができないため、

肉の代わりに大豆などを用いて肉に似せた料理を作っている。

 

⑦ 置  換 —– 入れ替え、配置換えをする

14-9コンビニやスーパーでは、売り場や商品の陳列棚を入れ替えることで、利便性や売上の向上を図っている。

 

⑧ 逆  転 —– 逆にしてみる

14-10間接照明は電灯を上からではなく、

下から照らすという逆転の発想から生まれた。

 

⑨ 結  合 —– 組み合わせてみる

14-11単色のボールペンではなく、複数の色のボールペンを1本にすることで

利便性が高まった。

↑このページの上に戻る