NikkenkyoNews Vol.05 「こども霞が関見学デー」を訪問

2017年度NEWS 産業の魅力化

文部科学省をはじめ、各府省等が例年開催する 「こども霞が関見学デー」 を訪問してきました。
これは省内見学や業務説明などを通して親子のふれあいを深め、子どもたち (小学生、中学生、幼児) が夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とすること等を目的に実施されています。
今年は8月2日、3日に開催され、出前授業やパネル展示などが行われており、出展企業のなかには日建協も賛同している土曜学習応援団への参加企業も多数見受けられました。

 

各参加企業は、工作やクイズ形式のスライドなど工夫をこらし、子どもたちが積極的に発言・参加できるようなプログラムを実施していました。子どもたちに興味をもってもらうことの重要さを改めて考えさせられ、日建協の 「次世代に対する働きかけ」 の今年度の活動の参考となりました。

 
今後も各種イベントに積極的に参加・訪問することで情報収集を行い、日建協活動をより充実させていきます。 (大森)