NikkenkyoNews Vol.28 立命館大学で出前講座を開催 !

2017年度NEWS 出前講座

2017年10月13日(金) 13:00~14:30
参加者 : 理工学部 都市システム工学科(3年生) 65名
講   演 : 「建設産業とは」 日建連 永山広報部長

「建設産業の魅力」 日建協 橋本
「ゼネコンの仕事とは」 東洋建設職員労働組合 武田講師

 

会場の様子

立命館大学で65名の学生を対象に出前講座を開催しました。
最初に日建連の永山広報部長から、建設産業の現況や諸問題について講義していただき、続いて東洋建設職員労働組合の武田講師から、写真などを使って若手職員の1日の行動、ゼネコンで働く魅力や醍醐味をご自身の経験談を踏まえて伝えていただきました。

講師の武田さん

受講生からは 「ゼネコンで働いている人の生の声が聞けて良かった」 「自分がゼネコンに対して持っていたイメージが変わり、新しい発見ができました」 などの感想をもらいました。

建設産業にも女性活躍という意識が徐々に浸透しており、受講生の中には女性の方が数名いらっしゃいました。

出前講座は希望があれば誰でも見学していただくことができます。ご興味がある方は日建協執行部まで連絡をください。

 

日建協は今後も、未来を担う大学生に対し、社会的役割やものづくりの魅力を伝えていきます。(橋本)