NikkenkyoNews Vol.30 大阪産業大学で出前講座を開催 !

2017年度NEWS 出前講座

2017年10月23日(月)12:50~14:20
参加者 : 工学部 都市創造工学科(3年生) 46名
講  演 :  「建設産業とは」 「建設産業の魅力」 日建協 橋本

「ゼネコンの仕事とは」 大鉄工業労働組合 石川講師

 

会場の様子

大阪産業大学で46名の学生を対象に出前講座を開催しました。当日は台風の影響から交通機関の乱れる中で多数の学生に出席してもらいました。
はじめに日建協から建設産業の現況や諸問題、魅力について講義し、続いて大鉄工業労働組合の石川講師から、写真などを使って業務内容を説明いただき、若手職員の1日、ゼネコンで働く魅力や醍醐味をご自身の経験談を踏まえて伝えていただきました。

 

受講生からは 「業務を教えていただきとても実感が湧きました。」 「ゼネコンで安全に良いものを作りたい。ずっと後世に残るものを作りたいと改めて強く思った。」 などの感想をもらいました。
受講生の中には女性の方でゼネコンを就職先に選択する学生もいて、建設産業にも女性活躍という意識が徐々に浸透していると感じました。

 

今後、11月10日に 「東洋大学」、12月5日に 「法政大学」、1月17日に 「ものつくり大学」 で出前講座を開催します。希望があればどなたでも見学していただくことができますので、ご興味がある方は日建協執行部までご連絡ください。

日建協は未来を担う大学生に対し、社会的役割やものづくりの魅力を引き続き伝えていきます。(橋本)

【出前講座とは】
日建協では、将来の建設産業を担う土木・建築学科の学生たちにゼネコンの仕事や魅力を正しく知ってもらうため、2006年度より全国の大学や研修センターで出前講座を開催しています。