女性の活躍にむけ、働く私たちからのメッセージ

女性 産業の魅力化

802_p08-09-1

 

◆2013.11.1 第1回女性技術者会議   ◆2014.4.18 第2回女性技術者会議

 

802_p08-09-32013年度

女性技術者会議を開催しました

日建協では、建設産業におけるワーク・ライフ・バランスの推進には女性の視点を活かすことが必要と考え、2009年度より女性技術者会議を開催しています。

2013年度は「女性技術者が増えるための課題」をテーマに、「入職するための課題」と「働き続けるための課題」に分けて、個人ワークとグループ討議を行いました。

1回目の会議では、その「課題」について抽出し、2回目の会議では、その課題解決のための関係者も想定し、より具体的な「解決策」を導き出しました。ここでは、女性技術者会議で出された意見をご紹介します。

 

クリックでPDFが開きます。 (女性技術者から出された意見です。)

 

802_p08-09-4

 

女性技術者会議を終えて

建設産業は他の産業に比べ女性の進出が遅れています。しかし、女性技術者が活躍できる場面はたくさんあるはずです。国や業界団体も本気で取り組みを始めています。私たちみんなで、女性にとって働きやすい職場環境を目指して行きましょう。それは結果として、誰にとっても働きやすい環境につながってくるはずです。

今回出された課題解決策の中には、各企業で努力すべき問題の他にも、一企業では解決が難しい構造的な問題も多く含まれています。日建協では、いただいた意見を今後も国や企業、そして関係諸団体に対し、しっかりと発信していきます。

※ 国土交通省への提言により、国土交通省の策定した「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」の具体策にその多くが盛り込まれました。

 

802_p08-09-2

 

2013年度 女性技術者会議参加者(敬称略、50音順)

女性技術者委員:飯塚公子(東鉄労組)、石坂嘉名代(大和小田急労組)

今井暢子(安藤ハザマユニオン)、上野尚佳(戸田職組)、榎園彩(奥村職組)

大倉紀子(錢高労組)、木本菜実(西松職組)、工藤恵美子(飛島労組)

小山敦子(シミズユニオン)、澤村淳美(戸田職組)、高岡怜(三井住友社組)

髙橋杏菜(アサヌマユニオン)、田邊麻由子(三井住友社組)、二村奈央子(安藤ハザマユニオン)

浜住美香(佐藤職組)、富士本佳亜(フジタ職組)、藤本景子(西松職組)

藤原亜紀子(三井住友社組)、村松千香子(戸田職組)、門馬友理子(ペンタユニオン)

山口泉(シミズユニオン)

来賓:内閣府 赤塚真弥子、一般社団法人日本建設業連合会 田中規博

オブザーバー:王婷婷(東洋大学理工学部建築学科)

マスコミ:日刊建設通信新聞社、日刊建設工業新聞社、日刊建設産業新聞社

 

↑このページの上に戻る