日本の珍しい祭 Vol.3 ・・・ 椋神社例大祭 龍勢祭り

ちょっとひといき

「日本の珍しい祭」 をご紹介するのも3回目となりますが、全国には、まだまだ一風変わった珍しい祭りはたくさんあります。今回はTVアニメ 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 に登場したこともある 「椋神社例大祭 龍勢祭り」 をご紹介します。
龍勢祭りは、椋神社例大祭に奉納する神事として、代々伝承されてきた手作りロケットを打ち上げるお祭りです。打ち上がる様が、龍が勢いよく天に昇るかのような姿から 「龍勢」 と呼ばれています。起源は日本武尊の鉾が発した一条の光の伝説に因んでという説や、戦国時代に狼煙や火器として使用されその後神事となったなど諸説あります。
毎年10月の第二日曜日に開催しており、今年は10月8日です。

 

<龍勢とは>
代々伝承されてきた 「手作りロケット」 で、長さは約18m。上手に打ち上がるかどうかは、火薬の詰め方と噴射口の開け方などが決め手だそうです。伝承技術の相違で27の流派があり、各龍勢とも独自の工夫を凝らした、個性的なものに仕上がっています。

↑ このページの上に戻る

home